↓唯一の全分子フコイダンエキス↓
フコイダン,サプリ,通販フコイダン,サプリ,通販

フコイダンサプリとは

フコイダンサプリが気になっていますか?

 

フコイダン,サプリ,癌

 

新しいフコイダンサプリメントが注目されています。

 

それは、全分子フコイダンエキスのサプリメントです。

 

全分子フコイダンエキスは数々の臨床試験をへて導きだされた「p53誘導体」を高濃度に含有する、唯一のフコイダンサプリメントです。

 

p53誘導体とは、シンゲンメディカル株式会社が創業以来重ねてきた、がん補完医療の研究により開発することができた、がん補完医療の複合体成分です。

 

癌の特効薬はいまだ開発されていませんが、p53誘導体は学会でも有用性が発表されています。

 

このp53誘導体を含む全分子フコイダンエキスはヒバマタ海藻からごく微量に抽出できる高水準のフコイダンを主体にして「全分子フコイダン・フコース・フコキサンチン・DBグルコース」で構成されています。

 

p53誘導体DBグルコースとは
シンゲンメディカル札幌研究所 高橋延昭 所長により発見された、p53誘導体の重要な構成要素の一つです。
グルコースを基盤とした独自成分で、増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する、
癌細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分です。
マウスによる臨床試験では、「p53誘導体DBグルコース」を与えた一群において
W14固形がんの成長を100%阻害するという驚くべき結果が得られました。

 

動画はこちら↓

 

 

がん補完医療の複合体成分としての「p53誘導体」とp53誘導体の構成要素である「p53誘導体DBグルコース」が注目されています。


 

通信販売は、こちらのサイトが唯一の販売公式サイトです。
※最安値をうたう偽物サイトにご注意ください。

 

p53誘導体認証の唯一の製品・全分子フコイダンエキスの通販はこちらです
フコイダン,サプリ,通販フコイダン,サプリ,通販

 

 

癌を経験して闘病生活から復帰した人の体験談

癌を経験して、復帰した人の体験談は勇気をくれますよね。

 

私の極身近な人が、癌の闘病生活から復帰しています。彼女への敬意をこめて、ここで簡単に書かせていただきたいと思います。

 

彼女は、夫と小さな娘と暮らす、普通の社会人です。癌と診断されたのは、30代のときでした。頭痛に耐えかねて受診したところ、脳腫瘍が発見されたといいます。

 

癌の摘出手術をし、そこから抗癌剤治療が始まりました。彼女が入院している数ヶ月の間、その家族は実家にお世話になっていたようです。保育園がない週末には、娘さんはママのいる病院へ。

 

でも、長くは一緒にいられません。ママがそばにいない、まだ小さな娘さんの気持ち。娘のそばにいたくてもいられない、母の気持ち。思うととても切なくなってしまいます。

 

リハビリが進むと、家に帰ってきた彼女。車椅子から、すっかり歩けるようになりました。とはいっても、まだ自由にならない片手。特に不便だったのは、運転ができなかったことのようです。通院も保育園への送り迎えも、家族や実家の手を借りていたようです。

 

癌だと知ってから一年。現在彼女は、少々不自由ながらも元のように生活しています。運転もできるようになりました。何より娘さんにとっては、どんなママでもママなのです。

 

私にも小さな子どもがいるので、もし私がと考えると怖い気持ちになります。定期的な癌検診の大切さを考えさせられたと共に、彼女の越える力を見せてもらった気がしています。癌を乗り越えた人がいること、そのそばで、家族がいつも一緒にいたことを、忘れてはいけませんね。

 

 

癌を発見する検査 Pet(ペット)検査とは

腫瘍として発見されたときや、体調不良を感じてから癌と診断されたとき。このときには既に、癌細胞の増殖スピードは速くなっています。できるだけ早いうちに、腫瘍が小さいうちに癌を発見することが、よりよい治療につながっていきます。

 

そこで役に立つのが、pet検査です。1から3年に一度、健康診断として定期的に受診するとよいといわれるこの検査、どのようなものなのでしょうか。

 

レントゲンやMRIなどの検査は、映し出される映像の形によって腫瘍を見つけるという方法です。これと違ってpet検査では、細胞の性質から癌細胞を見分けます。
癌細胞は、普通の細胞の3から8倍ものブドウ糖を取り込んで成長します。このブドウ糖に似た性質を持つ薬を点滴で体内にめぐらせ、その後撮影すると、ブドウ糖が多く集まる部分が分かります。薬が、ブドウ糖が集まる腫瘍の部分に印をつけるイメージですね。これを手がかりに、小さな癌細胞を見つけることができるという仕組みです。

 

petの性能はかなり高いといわれていますが、実は弱点もあります。身体の中には、もともとブドウ糖が多く存在する部位もあるので、petでも癌細胞かを見分けるのが難しいこともあるようです。

 

petと併せて、レントゲンやMRIなどの検査も行うとよいでしょう。petの弱点をカバーし、いろいろな方向から癌細胞の有無を判断することができるので、より性格な結果を得ることができます。
お金も検査時間もかかってしまいますが、癌の早期発見のために、pet検査は有効な方法です。

 

 

癌の診断、治療法の相談 セカンドオピニオンとは

最近、セカンドオピニオンという言葉をよく耳にします。癌医療を行う病院でも、セカンドオピニオン外来が増えているようですね。セカンドオピニオンとは、どのようなものなのでしょうか。受診するに当たっての注意事項について挙げてみましょう。

 

セカンドオピニオンとは、担当医や病院を替えるものではありません。患者さんが納得して治療を受けるために、担当医以外の医師からも意見を聞くことです。担当医に提案された治療方法に疑問がある、もっとほかの治療方法はないのだろうか。そんな不安を解決していくために、セカンドオピニオンはあるのです。

 

大事なことは、まずファーストオピニオンの内容を充分理解することです。病気の進行具合やなぜこの治療法をすすめられているのかなどについて、よく理解しないままセカンドオピニオンを受けると、かえって混乱することになってしまうので注意が必要です。

 

セカンドオピニオンでは、限られた時間を有効に使いたいものです。不安なことや聞きたいことを、予めまとめてメモしておくとよいでしょう。また、信頼できる人と一緒に受診するようにします。

 

セカンドオピニオンの結果を担当医にきちんと伝えることも、とても大切です。セカンドオピニオンを受けて自分がどうしていこうと考えたのかを、よく整理して伝えましょう。その上で、これからの治療方法が決まっていきます。

 

担当医やセカンドオピニオンの医師、信頼できる人とよく話をすることで、自分自身の意思を確認していきます。癌についての知識を深め、治療方法の選択肢が増えることで、自分にとって最良の方法を見つけることができるのではないでしょうか。

 

 

癌の原因

日本人の死亡原因で最も多いのが、癌です。癌を患った人が身近にいるという人も、多いのではないでしょうか。よく知られた癌ですが、改めてどんな病か見てみましょう。

 

人の細胞は、普段から活性酸素などの危険な物質にさらされています。普通であれば、細胞が持つ力によって傷ついた部分を修復することができます。しかし、ダメージが大きすぎたり、何らかの原因によって、修復できないほど傷ついてしまうことがあります。これが、癌細胞の始まりといえるでしょう。

 

傷ついた細胞は通常とは違う働きをしてしまったり、本来の機能を失った状態になります。これが徐々に増殖することで、腫瘍となって現れるのです。

 

癌細胞がある程度大きくなると、増殖のスピードが早くなります。これによってじわじわと広がったり、別の部位に転移したりします。

 

早期に癌を発見して治療すれば、改善する可能性は充分あります。薬や放射線で細胞を壊したり、手術で摘出する方法などがありますね。

 

しかし、発見や治療が遅れてしまうとどうなるでしょうか。治療して治ったように思われても、わずかに残った癌細胞が増殖し、再び腫瘍となって現れることがあります。これが、再発です。

 

癌は、正常な細胞が得るはずの養分を使って成長します。また、癌が増殖すると、臓器や組織の機能が低下していきます。これが、衰弱したり死につながったりする原因となります。

 

癌はとても恐ろしい病だといわれますが、癌を乗り越えて生活している人もたくさんいらっしゃいます。

 

発見が早いほど、治療が早いほど、生存率は高くなるといわれます。まずは、癌についてよく知ることから始めましょう。

 

↓唯一の全分子フコイダンエキス↓

フコイダン,サプリ,通販フコイダン,サプリ,通販